総監修:医療法人 寿会 富永病院 副院長 竹島 多賀夫 先生

総監修:医療法人 寿会 富永病院 副院長 竹島 多賀夫 先生

レルパックスを服用される患者さんのための情報サイト レルパックスを服用される患者さんのための情報サイトです

薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛) 薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)

もともと片頭痛などの頭痛を持っている方が、急性期治療薬の飲み過ぎにより、かえって毎日頭痛が起こるようになった状態を「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」といいます。急性期治療薬の飲み過ぎで、脳がだんだん痛みに敏感になり、頭痛が起こりやすくなっています。

この頭痛を起こす可能性のある薬剤は、鎮痛薬やトリプタン系薬剤などです。
必ず医師の指示通りに、服用してください。

薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)にならないためには、次のようなことを心がけましょう。

  • ・急性期治療薬の使用は月に10日以内に。
  • ・市販の鎮痛薬を予防的に飲むのは避けましょう。
  • ・「頭痛ダイアリー」をつける習慣をつけましょう。

※急性期治療薬の使用が月に10日を超える場合は、医師に相談しましょう。